妊活ベビ待ち夫の日々

妊活・不妊治療の体験談や妊活にまつわるサプリメント・ツール・ニュースを発信してます。

不妊治療

精液検査とは? 体験談から説明します。

投稿日:2016年11月15日 更新日:

不妊治療歴は2012年から、
いわゆる2人目不妊治療中の「妊活ベビ待ち夫」です。

今回(2016年10月後半)は久しぶりに精液検査を受けたので、
一連の流れを体験談を通して解説します。

採取方法は自分でも試行錯誤、
何度か経験をして改善(採取方法・精液数値)した内容となってます。
ぜひ皆様の参考になれば幸いです。

 

精液検査とは何か?

男性の精液を採取し、
WHOの基準に沿って精子の状態を教えてくれる。

それにより妊娠可能な精子かどうか、
そして問題ありの場合はその問題に沿って男性不妊治療をしていく。

 

精液検査をするまでにやることは何か?

-1 先ず、精液検査をしてくれる病院を探す。
(疑問点は病院に電話をして確認しましょう!)

私の精液検査でのケース
1回目(2014年)  近隣の泌尿器科
2回目(2015年) 不妊治療で有名な病院A
3回目(2016年) 不妊治療で有名な病院B

-2 1で決めた病院で精液検査をする日時を決め予約を取る。
(それに合わせて禁欲期間をとる、3〜7日間)

注意
-A
初診でしたら病院にもよりますが、精液検査の前にカルテ作りの為、一度病院へ行かなければならない事がある。(要確認です)
そして、その時に精液検査の容器や必要書類などもらいます。
(自宅で採取する方用です)

-B
病院に確認必要ですが、精液を病院か自宅で採取する選択肢を聞き、どちらで採取するか決める。(私は自宅派、小心者なので病院で射精する自信無し!!)

-*-*-*-私の精液検査の体験談-*-*-*-

ウチは二人目不妊で不妊治療を開始しました(2012年から)、

最初は妻が知識をつけて近隣の産婦人科から始まり、
段階を経て不妊治療で有名な病院へ通院する、

そして何も知らない夫(私)はある日紙袋を渡されて中を見たら、ポリ容器が入っててコレにいつの何時に精液を入れるように言われる。
(ウチは妻が主導してやってくれる)

img_20161018_221119

透明の容器ですが、デカイです↑↑↑。

img_20161018_221241

サプリメントの入れ物並、、、、、
メモリは120mlまで目印付いてます↑↑↑、
「こんなに精液が出るヤツいるのか?! 」と勝手な妄想します。

Appleのロゴマーク背景でもデカイ。
(容器が大きいのはそれに直接射精するからだと思います)

そこから夫も色々と危機感を感じ、妊活の知識をつけていく。

 

検査日に精液を採取する方法

ここでは、自宅でいつ、どうやって、
どんな感じで精液を採取するのかを体験談を交えて説明します。

この日のスケジュールは射精準備・行為・射精・採取・搬送・提出です。
(自宅・病院の個室でマスターベーションにて採取の方法は他のサイトを参照してください、経験無しの為に省略します)

-1 自宅で採取

選択肢は2つでしょうか。

-A 独りでマスターベーションして採取

-B 妻に手伝ってもらい採取

(私は Bの「妻に手伝ってもらい採取」の方です)

それでは射精し・採取ですが、
私のケース(自宅採取)は病院に着く1時間前位から射精準備し・行為を開始します。

理由は、
病院から「できれば射精後1時間以内に持参して欲しい」と要望されてるからです。
しかし毎回私が苦戦してることは、あの採取容器(画像参照)にどうやって精液を出すかです。

なぜなら、チ◯チンがMAXで勃起しているから(上空を向いている)腰をかがむ?などで姿勢を崩さないと容器へチ◯チンを上手く入れられないのです。

毎回それを考えなが行為をするのでイマイチ集中できずに興奮しきれなく興奮全開で射精できずにいました。(その為に精液量がいつも通りの量が出てないのでわ?と思う。興奮度合が減ると精液量の出方が若干減少する)しかしながら毎回どうにか採取できています。

そういう経験を踏まえて私が実際に体験して注意が必要なことを書きます。

★マスターベーションの方へ
手をきれいに洗ってからしましょう。

★妻に手伝ってもらう方へ

-ア: コンドームの使用は厳禁です。
コンドームの中には殺精剤(精子を殺す薬)が使われているものがあるため。
(コンドーム不使用でも以下の「ウ」を(雑菌の件)参考にしてください)

-イ: オーラルセックスの方へ
お口の中に射精したのを容器に入れてはダメです。
唾液の雑菌が精液と共に入ると検査不良となる恐れあります。
私の体験上では、途中までの行為なら良いと思う。
ポイントは唾液・雑菌が容器の中に入らなければ良い、というのが私の経験上による解釈です。
要は射精する時にお口の中から容器へ出す、
これで私はいまだ検査不具合無いです。
(特に人工授精などの採取でしたら雑菌NGとなるので厳禁度が上がります)

-ウ: セックスをして採取する方へ
この行為も途中まではありですが、射精する時に上の文章↑「イ」で書きましたように「射精する時に容器へ出す」で大丈夫でしょう。

特記として、射精時に精液採取容器の中にチン◯ンに付いた女性の体液が付着しないように気をつけましょう。付着すると検査不良になる可能性が出ます。
(特に人工授精などの採取でしたら雑菌NGとなるので厳禁度上がります)

-エ: その他、射精時は敷いておいたサランラップの上に出す、などのアイディア出ましたが採取用カップの口が大きいので直接射精し精液を入れる事に今は落ちついてます。

以上を終えて、病院へ搬送・提出します。

『スポンサーリンク』


 

精液検査結果を知る

ここでは2パターンのケースがあります。

A 検査結果を当日に通知される。

B 検査結果を後日に通知される。

———解説———

  • A、「検査結果を当日に通知される」その病院により多少の待ち時間はあるが当日に検査結果を教えてくれる。

特徴として、日にちにより(土曜日とか)待ち時間が1時間以上の時がある。

  • B、「検査結果を後日に通知される」その病院の検査方法・都合により(ほとんどが患者を長時間待たせるので)後日に通知する。
    不妊治療をしている病院によく見かける。
    次に来院する方が多数と夫婦どちらでも結果が聞けるので、妻が後日通院ついでに結果を聞くというケースが多いです。

特徴として、2回病院に行かなくてはならない。

★私は待つのが嫌なので後日に妻が通院の際に検査結果を聞いてもらってます。

———————

それでは私の例により見てきます。

今回受けた結果用紙を用意しました。

 2016年10月後半、
転院先で受けた1回目の精液検査↓↓↓↓

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3

-検査結果「1」(WHO基準による)-

CONC(精子濃度)54.5 M/ml
精子の量です。
WHO基準正常値 20 M/ml 以上
今回54.5と2倍以上の量です!!

MOTILITY(運動率): 57.0 %
精子の運動率。
WHO基準正常値 : 50 % 以上
今回57.0と基準値をクリアしてます!!

RAPID<a>(高速直進精子): 26.7 %
高速で直進する精子。
WHO基準正常値 25 % 以上
今回26.7と基準値をクリアしてます!!

N.MORPH(Norm.Forms)(正常形態率):38.0 %
精子の割合で正常形態の精子率、精子の多数が奇形である。
WHO基準正常値 30 % 以上
今回38 %と基準値をクリアしてます!!

Volume:8.0 ml
精液の量です。
WHO基準正常値 2.0 ml 以上
今回 8.0mlと楽々クリアしてます!!
(嬉しいことに、医師から「年齢(38歳)にしては量が多い!」と褒められた)

–検査結果「2」(精子運動能精密評価)–

MSC(Motile Sperm Concentration):31.0 M/ml
運動精子濃度:1mlの精液中で運動している精子濃度
〈判定基準値〉優良:>32 中間:12~32 虚弱:0~12
今回 318.0 M/mlと中間で上位のスコアです!!

PMSC<a>: 14.5 M/ml
高速運動精子濃度 :上の↑MSC(運動精子濃度)での精液 1mlの中で運動している精子のうち、さらにその中で高速で前進運動をしている精子濃度。
この精子が受精に最も深く関与している。
<判定基準値>は5以上
今回は3倍弱以上!! 14.5なのでなので超安心しました!!

PMSC<b>: 10.3 M/ml
低速直進運動精子濃度:速度が遅い、直進性が不良な精子の濃度
いまいちこの意味がよくわかってません。スミマセン。

SMI:142
精子自動性指数 : 上記での検査項目の総合的な点数のようなもの
<判定基準値>は 80 以上、142と良好でした。

 

「検査結果を受けての感想」



総合的に結果が良好でありました。
医師から「何の問題も無いですね」と言われました。

最後に受けた精液検査は結果がギリギリで医師より「自然妊娠できないことはない」という曖昧な見解でした。
それが危機感を煽り、その日からウォーキング・筋トレ・食事改善・サプリ服用と自分でできることや生活習慣の改善をしてきたことが今回の結果に出たと率直に思い嬉しいです。
願わくばこのまま早めに妊娠につながればと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

以上の解説のように検査結果を基に医師の所見を伝えられ、
妊活希望の方々は今後の方針を医師と話し合って決めてきます。
(もちろん患者の希望が第一優先事項です。)

例えれば、以下の3パターンではないでしょうか。

結果が良好 :
「自然妊娠」 タイミング法をとってきましょう。

結果がイマイチ :
「人工授精」「体外受精」を視野に入れて考えてきましょう。

結果が不良 :
「男性不妊治療」「人工授精」「体外受精」を視野に入れて考えてきましょう。

★もちろん奥様の状態も検査・考慮しての話です。

「検査結果を知る」をまとめますと、、、

◯あくまでその病院・医師による個人的見解・主観でありますので一つの意見として受け止めましょう

◯そして、精液検査結果が悪くても私のように運動する・食生活を見直すなどをすることで大きく数値の改善はありえますので長期的な視野でライフスタイルの改善を考えてみることもオススメです。

 

まとめ

 

今回は精液検査を実例により解説しました。

採取に関しては私の事例にて個人的見解もありますが、人それぞれのスタイル・興奮具合など色々ありますのでそれぞれ自分が1番リラックスできる環境を見つけて、なるべく自分のその気に入った環境で採取する事をお勧めします。

最後に、私の経験上ですが精液検査は複数回受けることを強くお勧めします。

理由は、一度だけでは評価が困難です。定期的に何度か受けましょう。
そして検査結果が理想と現実のギャップがあるなら運動したり、食生活・普段の生活を改善してからもう一度受けましょう。
 病気的(造精機能障害・その他男性不妊全般)でなければ、運動は特に効果的です。私のケースは、週2、3回/ 1時間弱のウォーキングが効果を発揮しました、今回の結果で実証済みです。

それでは皆様の精液検査がこの記事を参考に良好な結果となりますように。

-不妊治療
-, , , ,

執筆者:


  1. […] 私の妊活近況ですが、現在はタイミング法で頑張ってます。 しかし、妻が新しく不妊治療の病院へ行き始めてもう半年過ぎようとしてます。 その間に要所要所で初期段階の検査をしていき、気づいたら「卵管造影検査」を終えてる間に私も久々の精液検査(結果はこちら)を受けてました。 そして次の標的は「人口受精」、、、、もはや前に通院してた病院での治療レベルに近づきました。 […]

  2. […] 私の妊活近況ですが、現在はタイミング法で頑張ってます。 しかし、妻が新しく不妊治療の病院へ行き始めてもう半年過ぎようとしてます。 その間に要所要所で初期段階の検査をしていき、気づいたら「卵管造影検査」を終えてる間に私も久々の精液検査(結果はこちら)を受けてました。 そして次の標的は「人口受精」、、、、もはや前に通院してた病院での治療レベルに近づきました。 […]

  3. […] 私の妊活近況ですが、現在はタイミング法で頑張ってます。 そして、妻が新しく不妊治療の病院へ行き始めてもう半年過ぎようとしてます。 その間に要所要所で初期段階の検査をしていき、気づいたら「卵管造影検査」を終えてる間に私も久々の精液検査(結果はこちら)を受けてました。 […]

  4. […] (人の目があると萎縮するのです。ちなみに私の精液検査の体験談はこちらから) […]

  5. […] 結果は好転して、その後精液検査を受けて、その検査結果を見た医師には「問題ないですね」と言われてかなり喜びました。 (その内容の記事はこちら) […]

  6. […] 参考リンク:精液検査とは? 体験談から説明します。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人工授精_着床

人工授精後の夫婦生活(性行為)から着床までの疑問をまとめ

こんにちわ 先日も人工授精を経験しました「妊活ベビ待ち夫」です。 男ですので採取容器に射精して提出しただけですが、、、。 今日は人工授精をするにあたり夫婦で疑問にあったことをまとめたいと思います。 前 …

人工授精

人工授精の流れ、費用や妊娠確率・2回目の体験談

こんにちわ 2回目の人工授精がもうすぐの「妊活ベビ待ち夫」です。 私達夫婦ともども40歳(夫39、妻38)を目前にして 妊活・不妊治療の止め時をたまに話してます(泣) 夫婦ともども不妊治療の過程で様々 …