妊活ベビ待ち夫の日々

妊活・不妊治療の体験談や妊活にまつわるサプリメント・ツール・ニュースを発信してます。

妊活ツール

シリンジ法の効果、妊娠する確立は上がるのか?!

投稿日:2016年9月18日 更新日:

こんにちわ
妊活ベビ待ち夫です。

今回は妊活中の方々へシリンジ法のお話です。

特に不妊治療・人工授精、夫の射精障害、などのテーマを身近に感じる方々へ。

534857

シリンジ法とは??

 

シリンジ

シリンジ

シリンジとは注射器の筒のこと。
そのシリンジに採取した精子をポンプ・チューブを伝って腟内に送る。

ある意味では人工授精(AIH)に似ています。
簡単に言えば、自宅でできる「精液の腟内注入法」です。

シリンジ法の効果

以上のシリンジ法を実際に体験して3つの効果・特性がわかりました。

1 精液を膣内まで確実に送る。

2 人工授精よりも安価にできる。

3 自宅で自分たちの都合に合わせてできる。

1〜3まで説明させていただきます。

-1 男性の射精障害・ED・など精液を膣内まで送れてるか心配な方々に効果があります。
私は39歳になり世間で言う「中折れ」を体験しました。
「年相応になってきたのかな」と残念な面もありますが、
割り切ってそんな時は、シリンジを使う。
だって子宮の奥の方で射精できないので、、、。割り切ってます。

-2 は以下の「病院へ行けないときはシリンジ法をします」で詳しく記します。

-3 は2と同じく以下の「病院へ行けないときはシリンジ法をします」で詳しく記します。

 

私達夫婦がシリンジ法を導入した経緯

私達夫婦の妊活体験談ですが、
妊活開始の2012年から2017年4月まで
一通りの不妊治療(体外受精以外)は経験しました。

(不妊一般検査、不妊特殊検査、タイミング法、人工授精(AIH))

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ここまで私達の妊活ヒストリーはサイトメニューの「自己紹介」で詳しく説明してます。興味がありましたらこちらからどうぞ
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

現在は通院してる病院で人工授精(AIH)を妻の排卵日に合わせ・夫婦の仕事の都合がどうにか合わせられればトライって感じです。

この「合わせられれば」という表現ですが、、、、
そうです!!合う日が少ないのです!!

★以下は合わせなければならない必須項目

1 排卵日(2からは排卵日を基準とします)

2 妻の仕事時間帯

3 夫の仕事時間帯

4 病院の診察時間帯
(休診の日曜日・水、土曜の午後以外、ほぼ平日ですね)

こうしてみると、、、
2〜4を合わせるのは共働き夫婦にはかなりハードル高いです。

余談ですが、
私が男性としての観点で一つ憂慮することがあります。

それは「精液採取」です。
私は人工授精(AIH)で精液採取をやる一週間前位からけっこうなプレッシャーがかかるのです。(病院のあの個室に入って自慰行為できるのか?検査結果は正常範囲になるのか?!)

理由は、
私は外見からは見えない程の小心者なのです。
そのくせ江戸っ子のように見栄っ張りで虚勢を張ってしまうのです(泣)
そんな私が病院で周囲の視線がある中、
特定ルームへ出発し自慰行為をするという一連の流れ・行為を恥と感じてます。
(人の目があると萎縮するのです。ちなみに私の精液検査の体験談はこちらから)

世の奥様方、「精液検査ぐらいで、、!!」と思うでしょうが、ほんとスミマセン、、、男とはそんな生き物なのです。

そんな感じの私でしたので、
意を決してある日病院へ自分の情けない理由を赤裸々に相談して自宅採取をどうにかお願いし、その都度自宅で採取してます。
(自宅から病院まで約40分の距離なのでOK)

しかし結果的に未だ妊娠まで残念ながらいたらず、、、
そんなある日シリンジ法を知りました。

ある意味、私達夫婦は妊活での知識は人並み?あるので、、、

病院へ行けないときはシリンジ法をします


私達がシリンジ法をする理由は3つあります。

1「病院にて人工授精(AIH)を受けに行ける時間の確保ができないから」

以下説明します。

☆なぜ、
 病院にて人工授精(AIH)の時間の確保ができないのか??

★理由は、
 夫婦が事前に排卵日・人工授精を受ける日に休みを取り難いから。


上記の理由を以下に説明します。

先ずは下記の人工授精(AIH)の工程を見てみましょう。

◯妻 2、3日を要する

A、「排卵日前の特定・検査」で排卵日の特定してく。

B、「当日の人工授精(AIH)する」

◯夫 1日を要する(数日前に人工授精の日を聞く)

C、精液採取する(当日の人工授精(AIH)用)

以上です。

排卵日はある程度の予測しか出来ないので
シフトを決める1ヶ月前に休みを妻が2、3日入れとく、
夫もそれに合わせて事前に休みを入れるという高度な技は
まだ先の話ではないでしょうか。

やはり、
自分たちで決められない排卵日周期に合わせた通院がネックなのです。

「もしその日の仕事を休めたら、、、」というある種の運まかせのような展開、、、、私の妻はパートタイマーですが現代のパートさんは正社員並に働くのでそう簡単にすぐに休めないのが実情です。


2「膣の奥に射精をしてるか不安ですので」

私(夫)は射精障害とか特に異常があるわけではないですが、
膣の奥まで精子を送っているかはあまり自信がないので、
確実に送るシリンジ法は試してみる価値はあると思いやってます。
— — — — — — — —
中折れの話を上記でしましたが、
以前受けたフーナテスト1回目の結果で精子が子宮内で発見できないので先生に「もっと奥で射精してください」との伝言・・・全快で奥に射精してるのですが(泣)
— — — — — — — —

3 「年齢的な焦りがあります」

2017年でお互い39(私・夫)、38歳(妻)となるので残された期間を有効活用できればと思ったのもあります。

 

その他にも、
それにかかる費用は保険適用外となるので全額自己負担、
私達夫婦が通院してる病院は合計4万円位
(抗生剤の薬も自己負担、一人4000円位、夫婦2人だと8000円)

以上、経済的に負担が意外と大きいですよね。

以上のことからシリンジを導入しました。

100145

pencil03-017一年で換算すると12回の妊娠するかもしれないチャンスを
シリンジで試してみる価値はあると思いませんか?

私達夫婦は自分たちの動かしがたいライフスタイルを考慮し
シリンジの可能性に賭けた部分もあります。
まだ結果が出てないので何とも言い切れない部分もありますが、
この記事を見て導入を考えた方へ注意点

1、女性にきちんと排卵があること(一度は検査をしましょう)

2、男性の精子に異常がないこと(精液検査は2、3回は受けましょう)
(参考記事:私の精液検査の記事はこちらから)

3、基礎体温や排卵検査薬などで排卵日は予測しましょう。
(シリンジを使っても排卵日周期を狙っていかないと効果は望めません)

余談ですがシリンジ法を行うときは、
射精後すぐにシリンジ法を行う。
なぜなら不妊治療の病院に精子を持ち込むときは2時間以内と言われているので、その時間内に注入しないと精子の運動率ががくっと落ちます。

もしシリンジ法をするなら、
排卵日2日前~排卵当日までがベストタイミングです。

それにはやはり
毎日の基礎体温測定、
排卵検査薬などを活用していくのが常套手段でしょう。

私達のケースでは

-1 妻の基礎体温測定、記録し排卵周期を知る

-2 排卵日前のオリモノの状態で排卵日が近いことを判断する

-3 妻の身体の排卵日前の反応
(右脇腹がズキっと刺激ありとか、その人によりサインがあるようです)

1〜3を考慮して排卵日一週間前から、排卵日当日まで2日に一回の夫婦の営みにてシリンジ法を実行してます。(もはや毎日はできません(泣))

一番力を入れるのは排卵日2、1日前と予想される日です、
確率的に一番期待される日ですよね。

まとめ

最後になりますが、
シリンジ法を行う時は衛生面に気をつけてください、
先ずは説明書をよく読み十分理解し、
これが大事ですが「パートナーとよく話し合い・同意してもらい」行いましょう。

以上、妊娠希望の方々へ一つの良い情報になれば幸いです。

シリンジ法キットのご利用方法はこちら

 

そして挿入の時に合わせて使用すると良いです。
↓↓↓通常の夫婦の仲良しの時にもオススメです↓↓↓

-妊活ツール
-, , ,

執筆者:


  1. […] 私達の人工授精(AIH)の詳細リンクはこちら […]

  2. […] 私達の人工授精(AIH)の詳細リンクはこちら […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした